2018-03-30

じん鍼灸整骨院 肘内障
鍼灸 美容 針 鍼 

こんにちは
宇都宮 じん鍼灸整骨院です。

本日は肘内障についてです。

子どもが痛みを訴えている時…
原因は肘内障であることが非常に多いです。
初めてのお子様で肘を押さえていたがっている子供を見ると動揺される親御様が多いので、そんな方へお読みいただければと思います。

肘内障
肘周りが痛む様子をみせているから親御様は「脱臼」だと思いがちですが、子どもの場合、肘内障である場合が多いです。
肘内障とは、ひじの骨と骨をつなぐ輪っか状の形をした。輪状靭帯から骨がずれることを言います。
靭帯と骨の位置の異常です。肘内障は、曲げたり動かすと激痛が走ります。

大人だと橈骨頭が出来上がって輪状靭帯から抜け出るという事は基本的にないですが、幼児期、幼少期においては、橈骨頭がまだ小さく、強く手を引っ張られた際などに、輪状靭帯から橈骨が抜け出てしまうことがある。これを肘内障と言います。
親御さんが子供の手を引いただけで肘内障になるケースもあります。
そんなことで?と言う程簡単に抜けてしまいます。

脱臼とは
一方、「脱臼」とは骨の位置が関節からはずれてしまった状態です。

脱臼は触っただけで激痛が走る上に見ただけでも驚くほど骨が浮き上がることもあります。肘内障の場合はギプスをして3週間程固定して直すケースが多いです。

見た目からは脱臼したのか、肘内障を起こしたのかは、判別しづらいので、専門医や知識のある先生もしくは医師の判断が必要となります。

原因とは?
子どもの関節も関節を支える靭帯もまだ未発達で非常に軟らかく、少し引っ張っただけでも、簡単にずれたり外れてしまうことがあるようです。よくある原因は以下の通りです。
1.子どもの手首を急に引っ張る
急ぐあまりに、子どもの手首を急につかんで引っ張ってしまうと、そのはずみで、子どもの肘の関節を支える靭帯が外れてしまうことが、最もよくあるケースだそうです。
2.子どもが転んだときに起こそうと腕を引っ張り上げる
子どもが転んだときに助けようとしたり、親の腕にぶら下がらせて遊ぼうとした拍子に起こることも多いようです。
3.鉄棒にぶら下がる
子どもが自分の意思で鉄棒や親の両手にぶら下がるといった動作をする際にも起こる場合があります。
4.寝返りを打つ
寝返りを打った拍子に、ひじがねじれたり、急にひじの関節に負荷がかかった場合に起こることもあるようです。
朝急に子供が肘に痛みがあると起きてきた際は要注意です!

対処法
何らかの拍子で子どもの腕を引っ張った後、また上記のような原因と考えられることが起きた後に、肘周りを痛がり急に泣き出したときは「肘内障」を発症している可能性があるため、速やかに整形外科や接骨院、整骨院で診てもらいましょう。

特徴としては、肘をやや曲げた状態で腕を下げたままにして、動かせない状況で痛がっている場合に「肘内障」の疑いがあるでしょう。
「肘内障」の治療、対処法としては、手の平を上に向けた状態で、ひじの関節を動かさないようにしっかりと支えて、肘をゆっくり曲げていき、外れたところを元の位置に戻す整復術が行われるのが一般的のようです。コクっというような、接合を感じられるような音がします。

整復知識がある方や、整復のコツがわかれば、初心者でも対処することはできますが、最初は整形外科や整骨院へかかりましょう。

外れたりずれた部分を、うまく元に戻すことができれば、痛みもおさまり、何事もなかったように子供は笑顔を取り戻します。
肘内障は一度起こすと癖になって、何度も繰り返すことも多いようです。子供の頃に繰り返すことが多いと、成人になってから、肘に痛みを起こす方もおられます。

そのため、肘内障は未然に防ぐことが大切になります。いきなり子供の手(特に手首や前腕)を引っ張ることだけは避けましょう。どうしても手を引く必要があるときは、手首ではなく、手のひらをしっかりと握って、子どもに手を引くことを伝えてから、引くようにしましょう。

「肘内障」は個人差はあるようですが、よちよち歩きが始まった頃から7歳くらいまではおこりやすいそうです。

特にその時期のお子さんをお持ちの場合は、注意を向けるようにして、手を強く引っ張らないように注意しましょう。

■じん鍼灸整骨院 泉が丘院
〒321-0952  栃木県宇都宮市泉が丘2-2-9優泰佳ガーデンコートA102
TEL. 028-612-1004

■じん鍼灸整骨院 平松本町院
〒321-0952 栃木県宇都宮市平松本町353-11ドミール平松1FC
TEL. 028-611-3449

■じん鍼灸整骨院 ゆいの杜院 [NEW]
〒321-3226 栃木県宇都宮市ゆいの杜3-4-3MTクリアネス106
TEL. 028-612-3878