2019-11-14

妊婦、産後の腱鞘炎

じん鍼灸整骨院ゆいの杜院です。

最近妊婦産後の腱鞘炎で悩まれ来院される患者様が多いです。

今回は腱鞘炎について説明します。手首を動かす筋肉は手首付近では「腱」になり「腱鞘」と呼ばれるトンネルを通っています。抱っこや家事などで繰り返す手指や手首を動かすと腱が動くので腱とそれを包む腱鞘がこすれて摩擦が起こり炎症が起きてしまいます。

誰でも起こりうるものですが妊婦、産後の腱鞘炎が多い理由としては女性ホルモンが大きく影響してきます。

・妊娠中のリラキシンホルモンにより骨盤、手首など関節が緩みやすい状態になる。

・産後のプロゲステロンホルモン増加により産後の子宮、骨盤の収縮を促す作用があり同時に「腱鞘」も収縮させてしまい摩擦を引き起こしやすくします。

家事や子育てで忙しく放置している方も多いと思います。ママさんのためにも当院では施術に加えて自宅で行えるケアの方法、負担を軽減する為のアイデアを伝えます。一度でいいのでお困りの方がいましたらお気軽にお問い合わせください。

■じん鍼灸整骨院 泉が丘院
〒321-0952  栃木県宇都宮市泉が丘2-2-9優泰佳ガーデンコートA102
TEL. 028-612-1004

■じん鍼灸整骨院 平松本町院
〒321-0952 栃木県宇都宮市平松本町353-11ドミール平松1FC
TEL. 028-611-3449

■じん鍼灸整骨院 ゆいの杜院
〒321-3226 栃木県宇都宮市ゆいの杜3-4-3MTクリアネス106
TEL. 028-612-3878