2020-08-04

立ち仕事、家事が多い人に起こりやすい症状は?

こんにちは、じん鍼灸整骨院・泉が丘院の永元です。
立ち仕事、家事が多い人に起こりやすい症状のメインとなってくるのは、ずばり腰痛や肩こりです。

それは何故なのか?

仕事をする姿勢が、前傾姿勢(前かがみの姿勢)であるから丸まった姿勢(猫背)になりやすく、それに加えて腰も丸くなってしまっていることが多いことから、立ち仕事の人は肩こりや腰痛といった症状になりやすいのです。

肩こりや腰痛は日常のこと、と思っていませんか?

実は、長年肩こりや腰痛を放置してしまう人は、四十肩や五十肩、ぎっくり腰や腰椎椎間板ヘルニアといった大きな症状にもなりやすくなってしまいます。

立ち仕事による慢性あるいは急性の症状はなるべく早く適切な対処をしたほうが今後のためなのです。

立ち仕事、家事が多い人に起こる症状の治療法方法は?

立ち仕事で起こる肩こり・腰痛起因の四十肩や五十肩、ぎっくり腰や腰椎椎間板ヘルニアの症状の治療方法として、急性症状に関しては、まず痛みの出ている筋肉をアイシングいてあげることが大切です。
逆に、慢性症状(定期的に日常的に痛みが出る場合)に関してはしっかり温め血流をよくしてあげて筋肉をほぐしてあげることが大切です。

急性症状に対してのアイシングは、アイスノンや保冷剤に薄いハンカチかキッチンペーパーを巻いて体の痛い部分を1分かにうら2分冷やすようにしてください。

慢性症状に対しての温めは、お風呂(湯舟)にしっかり入ることです。
現代化によって最近はシャワーだけしか浴びない人が増えているため、若い人でも肩こりや腰痛が後を絶えない状況になっていると言えます。

あとは痛い動きや負担の大きい動きをあまりしないようにする事、症状に対して適切な治療を受けることが大切になります。

痛み止めをもらってシップ(鎮痛剤)を貼る、塗るだけでは一時的に痛み和らいでも改善にはなりませんので要注意です。

しっかりと自分の身体と向き合う必要があることを覚えておきましょう。
立ち仕事の人に起こる症状なら、じん鍼灸整骨院へご相談ください。

じん鍼灸整骨院・泉が丘院では、身体症状からセルフケアまでしっかり治療、アフター指導いたします。
痛みを早急に引かせる治療もございますし、今後どのような治療、楽しいアフターライフを過ごしていただくためのアドバイス、サポート等も行っております。
「来て良かった」と患者様に思っていただけるよう精一杯施術させて頂いております。

早く体を治したい皆様、痛みの原因を元から改善したい皆様の来院をスタッフ一同、お待ちしております。

■じん鍼灸整骨院 泉が丘院
〒321-0952  栃木県宇都宮市泉が丘2-2-9優泰佳ガーデンコートA102
TEL. 028-612-1004

■じん鍼灸整骨院 平松本町院
〒321-0952 栃木県宇都宮市平松本町353-11ドミール平松1FC
TEL. 028-611-3449

■じん鍼灸整骨院 ゆいの杜院
〒321-3226 栃木県宇都宮市ゆいの杜3-4-3MTクリアネス106
TEL. 028-612-3878